上へ戻る

啓真館の教育理念
1.自分の中にある、無限の可能性を信じることができる人間を育成する。

成績が上がらないのは「やっても上がらないのでは」という不安が原因になっていることが多いものです。素直に、「やればできる」と信じられる子は、やはり伸びやすいもの。生徒さんが自信を持って勉強できるよう、啓真館では、職員がお子様の可能性を信じ、やる気を引き出す、自信をつけさせる指導を心がけます。

2.周りの環境に流されず、主体的に行動することができる人間を育成する。

自ら考え、自ら行動できるように指導します。本当に大切なことを一番に考え、時には自分の欲求を抑えることも大事なことです。「易きに流れない」、長期的な成長を目指す考え方を身につけていただけるよう指導していきます。

3.自分を向上させる高い目標を、自ら設定することができる人間を育成する。

目標のない生き方は、「行き先のわからない大海原に浮かぶ漂流船」のようなものです。まずは目標が自ら立てられるように、目標の立て方を指導していきます。また、将来の長期的な目標設定に必要な受験情報や社会情報等も定期的に配信していきます。

4.自ら設定した目標を徹底追求することができる人間を育成する。

週に数回の授業だけで成績を上げるのは、難しいものです。自ら立てた目標を徹底追求するため、授業では知識の伝播だけに終わらず、家庭での学習習慣の付け方や効率の良い勉強方法等も指導させていただきます。

5.人の意見を謙虚に聞き、相手を理解してから、相手に理解される人間を育成する。

成長する子の一つの特徴は「人の話をよく聞く」ことです。一斉授業において、まずは「よく聞くこと」から徹底していきます。また、職員も生徒面談、保護者面談でまずは「よく聞くこと」によって信頼関係を構築し、相互が協力し合ってよい結果を求めていくよう努めていきます。

6.自分の成功のみならず、周りに良い影響を与えることができる相乗効果を創りだす人間を育成する。

啓真館では、一斉授業による競争、協力、刺激を与える指導法、合宿等を通じて培われる連帯感を重視しています。自分だけできたらいい、という考えは、啓真館では認めません。他のお子様方に迷惑をかける行為はもちろんのこと、他のお子様のやる気をそぐような行為、発言は認めません。講師の本気の指導が生徒に伝わり、生徒を本気にさせ、それがまた講師をやる気にさせるといった相乗効果を生み出す授業を行います。

7.学習指導を通じ、以上のことができるようにし、自らの幸福(夢の実現)という私的成功と、社会への貢献という
  公的成功を実現できる人間を育成する。

志望校合格という結果は目標であって目的ではありません。志望校合格は単なる通過点です。ただし、目標達成の方法を知り、身に付ければ、どんな目標に対しても同じように立ち向かっていけるようになります。目標を達成していくうちに、自分の夢も現実のものになっていくでしょう。自らの夢をかなえ、社会にも貢献する、そんな大人になれるように指導をしていきます。