啓真館 職員紹介
掲載しているのは一部です。他の職員も近日中に掲載する予定です。お楽しみに!
相原 一公
学習指導を通じて、1つのものごとに対する多角的な考え方を身に着けてほしいと思っています。ある面から考えて解決することが難しい問題も、別の面から見ればあっさりとしたものであることも少なくありません。単に問題を正解するだけではなく、その先にあるものをイメージして、生徒さんと接しています。
続き・詳細はこちらへ ⇒
伊藤 佳正
一人一人の生徒さんが自分の希望する高校に合格するように、そして、その後の人生が実りあるものになることを願いながら、日々授業をしています。
続き・詳細はこちらへ ⇒
岩永 要
高校時代、勉強をしなかった。そして、できなかった。自分の経験をもとに、生徒目線に立ちながら、そうならないように生徒を導いていきたい。たくさんの生徒たちと関わる仕事なので、生徒たちに良い影響を与えられるように心がけています。
続き・詳細はこちらへ ⇒
大西 裕也
私には,ずっと尊敬している先生がいます。それは高校2年生だったときの担任の数学の先生です。その先生の授業はわかりやすく,楽しくユーモアがあり,授業に活気があり,勉強が楽しくできました。また授業外でも優しく,気さくに話をしてくださり,本当に私にとって大好きな理想の先生でした。私も生徒から憧れる存在になりたいと思い,日々生徒と向かい合い指導を行っています。
続き・詳細はこちらへ ⇒
大平 昌史
授業に関しては,ただ説明したことをノートに写すのではなく,生徒に一緒に参加して考えてほしいと訴えています。問題の流れやポイントなど,1回の授業・1問の説明に『Deep Impactを与える』ことを意識しています。
続き・詳細はこちらへ ⇒
尾脇 加奈子
以前、小学生男子の塾生の妹さんが新しく入塾し、兄から「妹が勉強楽しいって言よる。先生、ありがと~」と言ってくれたのが嬉しかったです。また、中学生の時に教えていた生徒が、大学生になって遊びに来てくれたり、アルバイトで授業をしてくれたりしたときに、楽しかったことや挑戦していることを話してくれます。関わっていく方々に勉強の楽しさや全力で取り組んだときの達成感を伝えて、生徒が成長するにしたがって、想像以上に素敵になっていく姿を見ることがやりがいです。また、校舎責任者として啓真館の良いところたくさん知ってもらい、多くの方と関わっていきたいです。
続き・詳細はこちらへ ⇒
川畑 徹朗
自分の役割は、学習面で成果が上がることはもちろん、子どもたちと保護者の橋渡しをすることだと思っています。勉強を通して、家では見せない成長をしたことを伝えたり、保護者の方の想いを子どもたちに伝えたりする中で、自分と関わってよかった、通塾してよかったと思っていただけるよう、日々授業、対応をしております。
続き・詳細はこちらへ ⇒
久保 清
私はまさしく「金八先生」世代。
金八先生のセリフの「私たち教師の仕事は、授業が終わったら終わりではないんです。卒業した生徒が夜道を歩きながら、あのとき先生が言っていたことはこういうことだったんだ、と気づいたとき、終業のチャイムが鳴るんです。」に感銘を受けました。
また、幼稚園から学生を終えるまでに出会った先生のことは、鮮明に覚えています。自分の心の中に存在して、いつも、行く道を照らしてくれているような気がします。自分もそんな先生の一人になれたらと思って、生徒たちと接しています。
続き・詳細はこちらへ ⇒
佐々木 伸吾
進学や成績も重要ですが、子どもたちが「自分自身に誇りをもつこと」が何より大切だと思います。子どもたちが素の自分に向き合い、悩みながらも前進していくのをサポートすること。それが私の仕事です。
続き・詳細はこちらへ ⇒
下坂 泰
この仕事に興味を持ったのは、大学生時代に家庭教師のアルバイトをした時でした。生徒さんが分かってくれることがうれしくて、教えることの楽しさを感じました。生徒さんを明るい笑顔にしたい思いでこの仕事に取り組んでいます。
続き・詳細はこちらへ ⇒
髙木 和也
私が先生を目指そうと思ったのは、小学生のときに出会ったボランティア委員の先生に憧れていたからです。算数の先生であり、まず授業が分かりやすく、楽しかったこと。生徒の話を真剣に聞いてくれて、良い所はしっかり褒めて、ダメな行動はしっかり叱ってくれたところ。学習内容だけでなく、ボランティア活動を通して人として大事なことを教わりました。私はそういう面を見て、少しおこがましい話ではありますが、『他人の人生に影響を与えられる人間』になりたいと思いました。子どもが接する機会が多い大人は、親の次に先生だと思います。そんな身近な大人が輝いておらず、人生の道しるべにならないのでは、夢や希望も持てないはずです。私は自分と出会った子どもたちに、自らの夢を目指すための参考になるものを見せられたらと思い、日々生徒とコミュニケーションをしています。
続き・詳細はこちらへ ⇒
牧 秀幸
私たちは、生徒さんの笑顔を作りたい。生徒さんが笑顔になれば、保護者の方も笑顔になります。保護者の方が笑顔になれば、そこに関わる職場の方や、近所の方も笑顔になるかもしれない。そうやって、少しでも地域社会に笑顔が広がっていくことをイメージして、働いています。
続き・詳細はこちらへ ⇒
松尾 美聡
通ってくださる方々は「勉強ができるようになりたい」「学校の成績を上げたい」「志望校に合格したい」という目標を持っていますので,その目標を達成できるにサポートするのが私の最大の役目です。しかし,啓真館での勉強を通じて,今後の人生で糧となるようなものを得られたら、通ってくださる方々はもっと幸せになれると考え,日々授業をしています。
続き・詳細はこちらへ ⇒
八塚 芳彦
出来なかったことが出来るようになる喜び、新しい発見による喜び、色々な喜びを仕事を通してたくさんの方に伝えたいと思っています。そのためには、まずは自身がそういった経験をするために、日々成長していけるように奮闘しております。
続き・詳細はこちらへ ⇒
吉田 卓成
自分と関わる方、全員の笑顔を作りたいと思い日々仕事をしています。そのために授業で心がけていることは、来てもらった生徒さんに気持ちよく帰ってもらえるようにすることです。そうすることで笑顔が伝搬していき、みんなが笑顔になる。授業を通じて、みなさんを幸せにしたいと思っています。
続き・詳細はこちらへ ⇒

啓真館のトップページへ戻る